決済代行サービスのオプションについて

>

セキュリティを万全に

何のコードでしょう

決済代行サービスのオプションには、上記の二つ以外にもいろいろあります。
最後にお伝えするのは「セキュリティコード」のオプションサービスについてです。

まず、「セキュリティコード」とは何のことか、ご説明いたします。
お買い物の手続きをする時、クレジットカードを使って決済する場合、クレジットカード番号を登録しますよね。
それとは別に、クレジットカードの裏面には、3桁の数字が書かれています。
クレジットカードの種類や会社によってはカードの表面に4桁の数字が書かれている場合もあります。
それがセキュリティコードです。

サービスの形としては、セキュリティコードをお客様に入力してもらい、それで本人かどうか認証するサービスなのです。

何故このサービスが必要か

クレジットカードの利用なら、クレジットカード番号だけ入力すれば、充分本人の認証になるのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、クレジットカード番号の情報は、「スキミング」という犯罪手口で盗まれることがあるのです。
スキミングとは、カードの磁気部分に入っている情報を抜き出して、同じ情報をコピーして偽造カードを作る犯罪のことです。
つまり、クレジットカード番号だけでは、安心して利用できないのです。

その点から考えるとセキュリティコードは安全です。
セキュリティコードは「防犯用暗号」なのです。
このコードは、クレジットカードの磁気情報の中に入っていません。
つまり、もしカード番号がスキミングされても、そのクレジットカード本体が無ければ、セキュリティコードは確認できません。

このオプションが取り入れてあれば、お客様はインターネットでの買い物でも、安心してクレジットカードを使えますよね。


シェアする